【木邨仁彦(きむら とよひこ)老師プロフィール】
昭和28年8月18日生まれ。
 ブルース・リーの映画がきっかけで中国武術に興味を持ち、「空手バカ一代」に登場した太極拳の達人に刺激をうけて、太極拳の練習を開始。同好の仲間と大阪太極拳協会の設立に参加し、友好都市上海の太極拳老師の方々の指導を受けながら、普及活動と技術の向上に努める。
 1977年に来日された、上海の周元龍老師の簡化・陳式等の表現を見たことや、推手の絶妙な化勁に感動し、この方を終生の師と仰いでいくことを決意。1994年末、周元龍老師から拝師(正式門徒)を許される。その間、上海の何炳泉老師、北京の馮志強老師、河南省の陳小旺老師等の実に多くの武術の高手方々のご指導を仰ぐ。
 現在は、大原法律専門学校大阪校での教職のかたわら、元龍太極拳交流協会代表として陳式太極拳を中心に各派の太極拳、その他の武術の研究・普及活動を実践中。「拳打萬遍、神理自現」を座右の銘に、非才ながらもコツコツ努力をつみ上げていけば必ず成果が出ることを信じて、太極の道を歩む。周元龍老師をはじめ、先人達の教えをコンパスにして。
【大会】
 1985  第2〜13回 全日本武術太極拳選手権大会
  〜96年               陳式太極拳で1位

 1997  第14・15回 全日本武術太極拳選手権大会
  〜98年               陳式太極拳で2位

 1991  第2〜8回全日本太極拳競技大会
  〜97年                第1位

 1998年  第9回全日本太極拳競技大会  第2位

 1988年  中国杭州市での国際武術j招待試合で
                 太極拳部門 第1位
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【資格】

     日本武術太極拳連盟公認 1級審判員
     日本武術太極拳連盟公認 A級指導員
     日本武術太極拳連盟公認 3段