陳式太極拳の8つの特長

(1) 太極拳の基本原則
=「陰・陽」「虚・実」等の矛盾の統一= 調和して行くこと。

(2) 陳式では具体的に各動作毎に以下を表現していく。
1 開と合 2 円と方 3 捲と放 4 虚と実 5 軽と沈 6 柔と剛 7 慢と快

1 左右 2 上下 3 内外 4 大小 5 進退

(3) 陳式は太極拳の1つの流派として基本原則は他の式と同じであるが、その表現方法や理論において異なっているところもある。以下にその特長を見て行くことにする。
順逆纒絲の螺旋運動である。

(4) 立身中正、上下相随的虚実運動
立身中正、上下相随の虚実運動である。

(5) 腰脊帯頭、内外相合的節々貫串運動
腰脊帯頭、内外相合の節々貫串運動である。

(6) 相連不断、滔々不絶的一気呵成運動
相連不断、滔々不絶の一気呵成運動である。

(7) 從柔到剛、從剛到柔的剛柔相済運動
柔から剛へ、剛から柔へ到る剛柔相済運動である。

(8) 從慢到快、從快到慢的快慢相間運動
慢から快へ、快から慢への、快慢相間運動である。




太極拳知識へ